もしあなたの会社が条件に合うのなら申請しない手はありません。
なぜなら助成金は返済不要なお金だからです。
助成金は要件を満たした人が起業した場合に国からお金をもらえるという制度です。

でもこの助成金申請もタイミングを誤ると、受けられるはずの助成金が受ける事はできなくなります。
どういう事かというと、助成金には会社設立する前に申請をしなければならないものや、準備を進めておかなければならないものがあるからです。

当事務所では、会社設立をご依頼いただきましたお客様には、受けられる可能性のある助成金について診断させていただいております。もちろんサービスの一貫ですから、アドバイスは無料です。
そしてご希望のお客様には提携の社労士を無料にてご紹介いたしますので、是非ご活用いただき助成金をゲットしていただけたらと思います。

公的助成金制度とは

助成金とは、会社や個人事業の積極的な取組みに対し、国や省庁等が金銭給付することで支援する制度をいいます。
例えば、「雇入れ」「雇用維持」「教育訓練・職業訓練」等を行ったときに、助成金制度を活用することができます。
融資と違い返済する必要もなく使い道も自由なのが助成金の魅力です。だからと言って、どの助成金にも、厳密な受給要件がありますから、申請すれば誰でも受給できるわけではありません。

また、通常、助成金の受給日までには申請から早くても6か月以上(助成金の種類によっては1年以上)かかります。ですから、会社設立時の運転資金として助成金の給付をあてにするのは難しいでしょう。
でも会社設立時には、助けになる資金である事はいうまでもありません。ご自分がこの要件に該当する場合には是非とも申請してみるべきです。


当事務所には提携の社会保険労務士もおります。是非、一度ご相談下さい。

会社設立時に役に立ちそうな助成金、改正により度々変わりますが、厚生労働省のホームページで確認してみて下さい。

→詳しくは厚生労働省のホームページへ

会社設立時の助成金紹介

新たに起業する場合の助成金

これから起業を行う皆様、事業を開始して間もない法人事業主、個人事業主の皆様が活用できる助成金です。
→詳しいことはこちらへ